自社グッズの利用も販売促進活動に欠かせない要素です

システム化にするメリット

女の人

契約書は原本のみの保管では、総務の工数が増加してしまいます。必要な時に閲覧できることで業務の効率化を図ることができます。それを可能にするのがシステム化です。契約書管理のシステムはデータ化することになりますので、アクセスや閲覧制限の管理が必要になります。

電話の代行業務の特徴

女の人

横浜に多くある電話代行サービスでは、お客からの問い合わせ電話にスタッフが丁寧に対応することで好印象を与えることになります。起業したばかりで人員が足りない場合に活用すれば、大事な電話に対応できないことも無くなります。

オンライン通販に接客効果

男の人

従来のショッピングサイトでは、商品を掲載し、売れるまでは待つばかりでした。しかし、ウェブ接客ツールを使えば、ホームページ上でアクティブな訴求が可能になります。迷っている方へのアシストや、相談や悩みへの対応等など、様々なアクションを起こせます。

グッズの利用

パソコン

グッズは大きい効果を出す

販売促進は商品の認知度を向上させたり、商品の売上を低下させないようにするなど目的は様々ですが、メーカーにとって重要な活動の一つです。販売促進活動においてグッズを利用することは効果的な活動につなげる手法の一つでもあります。ノべリティグッズは付加価値として来場者に強い印象を残することができます。そのためキャンペーンなどの販売促進活動を行う際には、グッズを利用するメーカーも少なくありません。商品によって異なりますが、日常的に使用できるグッズが特に喜ばれます。例えばエコバックや携帯電話のストラップなどです。商品によってはその商品に活用できるものを付ける場合もあります。携帯電話の会社であれば、充電器などを付ける場合もあります。

宣伝効果もある

グッズの価格はそんなに高くありませんのでコスト的にもあまり負担にはなりません。そのため会社名や商品名を刻印したグッズを配布することも多くなっています。これには付加価値があります。グッズを利用してくれている人が増加するともちろん非売品になりますので、これを求めて商品の売り上げが連動して向上するケースもあります。また、刻印されているものであれば、歩く宣伝効果にもなります。消費者が無料で広告してくれているのです。そのためバッグなど常に見えるものが効果的なのです。マグカップなどの日常的に使用するものは、その商品自体に付加価値がつくようになり、いずれ商品化をすることもありえるのです。販売促進に使用するグッズはとても大きな効果を出します。

このエントリーをはてなブックマークに追加